1. ホーム> 
  2. スタッフアドバイス

スタッフアドバイス

私たちが、丁寧に分かりやすぐご案内いたします。 スタッフ末永からのアドバイス スタッフ松井からのアドバイス スタッフ山口からのアドバイス スタッフ井川からのアドバイス

復興支援・住宅エコポイント
被災地復興支援と、住宅の省エ
ネ化を目的とした、復興支援・住
宅エコポイントが始まりました。
                     ⇒詳しくはこちら

フラット35s金利引下げ
金利の引下げ幅が拡大されてい
る今が、住宅購入のチャンス!

                     ⇒詳しくはこちら

住宅ローン控除
ローンの残高に応じて一定割合の
税金が戻ってくる制度です。
詳しい内容をご存知ですか?
                     ⇒詳しくはこちら

賃貸派?購入派?
住宅は、買うか借りるか?
どちらがよいかじっくり考えてみま
せんか。
                     ⇒詳しくはこちら

末永 末永 松井 井川 山口
エコ住宅の新築、またはエコリフォームでポイントがもらえる復興支援・住宅エコポイント

復興支援・住宅エコポイントとは、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援のため、エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

エコ住宅の新築 ポイントの発行対象となるエコ住宅の新築

次の(1)または(2)に該当する住宅の新築工事がポイントの発行対象となります。
(1)または(2)に該当する住宅に、太陽熱利用システムを設置した場合も、ポイントの発行対象となります。

(1)省エネ法のトップランナー基準相当の住宅

外壁、窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られる一次エネルギー消費量が、省エネ法に基づく「住宅事業建築主の判断の基準(トップランナー基準)」に相当する新築住宅が対象となります。

(2)省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

「省エネ基準」を満たす外壁、窓等を有する木造住宅が対象となります。

(3)太陽熱利用システムの設置

太陽熱利用システムは一定の集熱性能等が確認された強制循環型のもの(※)を対象とします。
ただし、使用する設備は住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。
※JIS A 4112に規定する「太陽集熱器」の性能と同等以上の性能を有することが確認できることが要件となります。(蓄熱槽がある場合は、JIS A 4113に規定する「太陽蓄熱槽」と同等以上の性能を有することが確認できることが要件となります。)

発行されるポイント数

※「被災地」とは:「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」に基づく「特定被災区域」に該当します。
詳しくは→対象となる被災地の検索および特定被災区域の一覧(PDF)はこちら(住宅エコポイント事務局)
※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となるポイント数が異なるため、ご注意ください。

ポイントの発行対象となる工事の期間 エコ住宅の新築

平成23年10月21日〜平成24年10月31日に建築着工(※)したもの。
※根切工事又は基礎杭打ち工事の着手 ※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となる工事期間が異なるため、ご注意ください。

エコ住宅の新築

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、ポイントの申請期限が異なるため、ご注意ください。

ポイントの交換期限

平成27年1月31日まで

住宅エコポイント事務局ホームページへ